相性占いで結婚や恋愛が星座や生年月日で当たる凄さ

いつの時代でも、使われてきた占い。
古くは、政治の中での重要な決定をする際にも用いられてきたものです。
一般庶民にも浸透して、さまざま占いが生まれました。

個人レベルで気軽にできるものから、専門的な知識を有していないと占えないものまで、さまざまです。
ここでは、特に人気の高い相性占いにスポットをあてて、種類や注意点などを紹介していきましょう。

相性占いの種類はたくさんあるので選び放題

まずは、世の中に占いの種類がどのくらいあるのかを覚えておきましょう。
有名なところでは、12星座占いを筆頭にした占星術と呼ばれるもの。

更には、さまざまな意味のある絵柄を配置し、めくって占うタロット占いも有名ですね。
そして、素人の方には、まず無理だとされているのが霊感占いですね。
これはスピリチュアル要素が高く、信じる信じないという両極端な意見がある占いです。

他にも、東洋易学に分類される算命学と呼ばれるものや、四柱推命なども有名。
そして、何と言っても王道とも言われている手相。
マニアックな方なら、九星気学やサイコロや棒などを使った易占いなども存在します。

相性占いには守備範囲がある

前述に紹介したのが、大体皆さんがご存知の占いの種類でしょう。
どの占いも、当たると思っている方もいれば、全く信用できないと思っていらっしゃる方もいて、一体どれを選択すればいいのかと悩む気持ちは分かります。

他にも、占い師のスキルなどによっても、占いの的中率は左右されることになります。

しかしながら、それを言ってしまうと、キリがなくなってしまうので、ここでは、それぞれの占いが持っている守備範囲について紹介します。

実は占いというのは、どの占いも万能ではありません。
例えば、近い過去に何があって、今の状態になってしまったのかを知ること。
そして近い将来にどうなってしまうのかを占うこと。

その未来が望まないものである場合、どういったものをすれば回避できるのか。

こういったものを占うことが得意な占いが、自分自身の先祖は何で、この世に自分が生まれてきた理由は、何なのか。
前世は何なのかなどを占うこともできるかといえば、それは難しいのです。

好きな人や、あこがれの人との相性。
そして、同性とでも、友人としての相性などを占いたい場合には、やはり相性に関して優れた占いをチョイスする必要があるのです。

相性占いが得意分野にしているな占いとは?

それでは、相性が得意分野にしている占いは、どういった占いなのでしょうか。
まずは、タロットです。

タロットに関しては、過去や未来といった両方の時間軸でも、短いスパンの占いに向いています。

そして何より、相手の気持ちといった複雑な心理状況などを把握することに長けている占いとされているので、向いていると言えるでしょう。

他にも、人の気持ちを知るのに最も適していると言われているのが、霊感占いです。
自分が本当に相手のことを好きだと思っているのか。
相手の気持ちはどうなのか。

更にあなたと意中の相手の恋愛を成就を邪魔するであろう同性の存在まで把握することができると言われています。

そして、九星気学です。
これは実は人の心を読むといったものや、気持ちを知るといった占いは、苦手分野にしています。
それにも関わらず、なぜオススメするのか。

それは基本相性を把握するのに長けているからです。

つまり、漠然と利用者との相性が良い相手の特徴を把握することはできる。

その上で、家相や方位の吉兆といったものを占うのに長けているため、特定の相手との相性を知りたいというよりも、「これから先に相性のいい相手と出会いたい時」に使える占いなのです。

【広告PR】
評判の良い脱毛サロン
夏真っ盛りの肌ケアはもうお済ですか??お客様から人気の高い通いやすいと好評の店舗をご覧下さい。