スタンダードな生年月日を使った相性占い

好きな人ができたら、特に女性の場合には、相手との相性なんてものが気になるものではないでしょうか。

相性とは、全く見えないものだし、形があったり、確信や理由があったりするものではないため、とっても曖昧なもの。

しかしながら、精神的にも肉体的にも、空気的にも、相性というものは確実に存在しており、恋愛関係はもちろん、さまざまな人間関係に多大な影響を与えているのは事実です。

もしもあなたが、相性のことを気にして、何も行動を起こすことができず、立ち止まっているのであれば、相性占いに頼るのも悪くないのではないでしょうか。

どこで相性を占えばいいのか悩むのは当然

占いなんて眉唾ものだし、信じるなんてアホくさい。
まず、こういう思いは捨てましょう。

特に男性の多くは、こういった考えを持つことが多いのですが、一人で思い悩んでいるよりも、行動に起こすことが大事です。

しかしながら、いざ相性占いをしようと思っても、検索エンジンなどを使っても、星の数ほどにコンテンツがヒットしますし、一体何を選んでいいのか分からないという方も少なくありません。

本当にさまざまな占いコンテンツがヒットします。
無料のものから、有料のものまで星の数といっても少ないかもしれません。

12星座だったり、血液型、タロットや手相などなら、有名だから分かるけれど、四柱推命って何?
九星気学?聞いたことないよなんて方も多いもの。

ここではスタンダードな生年月日を使った占いのメカニズムを紹介しましょう。

生年月日が同じ人間なんて沢山いるし、本当にそんな情報だけで、相性の良し悪しが分かるの?という疑問は、分からないでもありません。

しかしながら、12星座と比較すると、144通りの運勢しか分からない星座に対して、13万3225通りもの運勢を把握することができます。

当たる占いというのは、どれだけ自分と相手の情報を有しているかが重要な鍵になりますから、情報量が多い生年月日の方が、相性を診るには、的中率が高いのです。

運勢の情報量が多いものとしては、あまり被っていることが少ない姓名判断なども代表的です。

ありきたりな占いだと思われがちですが、実は相性という分野において、的中率の高い優れた占いが生年月日占いなのです。