タロットカード診断で相性占いをする

相性占いをするには、どんな占いをチョイスすればいいのという疑問をお持ちの方がいらっしゃいます。

占いを依頼する方でも、自ら占ってみようという方でも、やはり相性を診断するのに、ベストな占い方法をチョイスしたいと考えるのは当然です。

相性診断にベストとも言われているのが、タロット占いです。
ここでは、タロット占いを使った相性診断がオススメな理由とコツやポイントなどを紹介していきましょう。

タロットの仕組みは奥が深い

タロット占いは、引いたカードや、そのカードを置いた位置によって、短いスパンの過去や未来を知るという仕組みの占いです。

占星術のような星の位置から、過去などの情報を分析して、未来を知るといったものを科学的な占いとするなら、どちらかというとタロットはスピリチュアルタイプになります。

そもそもタロットカードというのは、水晶球のようなもので、占術者の潜在意識や霊感などを高めるためのアイテムなのです。
タロットカードは、全78枚存在しています。
この内の22枚を大アルカナ、残りの56枚を小アルカナと呼び、前者の方が有名です。

まずは、占いをしてくれと頼んでいる、もしくは、自分をイメージするカードを1枚選びます。
これをシグニフィフィェイターカードと呼んでいます。

カードをシャッフルして、カードを上から順に引いていき、決められたポジションに10枚レイアウトして占う。

このようなやり方で、レイアウトまで終わったら、出たカードの種類、向き、置かれている位置から導き出される解釈をリーディングしていくわけです。

これがざっくりとしたタロット占いの方法です。

簡易的なタロット相性診断

ただ前述の方法では、非常に専門的な知識や、それぞれのカードの意味。
それぞれの配置が何を表すかという意味などを覚える必要があります。

相性を診断するくらいであれば、大アルカナの22枚だけを使った簡単な占いでも十分です。
固有のカードが持つ意味くらいは、覚えておきたいですが、78枚全てを覚える必要がなく、22枚で済みますし、相性を確かめたい相手を思い描いて、1枚を引くだけでいいので、誰にでも可能です。

この方法をワンカードスプレッドと言います。

個人で行う場合の注意点としては、しっかりと相手のことを思うこと。
本当に当たるのかなという疑心を持って行わないこと。

そして、タロットの図柄などから受けるイメージが強烈で、悪い夢を見てしまうことになるため、眠る前に占うのは避けましょう。