相性占いの重要さと信用しすぎる危険さ

現在、恋人がいて、浮気などもなく、ラブラブな関係が続いている。

本当に幸せだから、私達は相性抜群だなんて思っている方は、沢山に存在しています。

しかしながら、心が満たされているからといって、本当に相性が良いパートナーと言えるのでしょうか。

今が幸せだからといって

いくら相手のことが大好きだと思っても、いざ肉体関係を持った際、アレ?って思われた経験はありませんか。
気持ちの面でも実はこういったことが起っています。

好きだからといって、本当に身体の面でも心の面でも、相性がバッチリなのかといえば、それはYESとはいえないのです。
これってとっても勿体無いお話ですね。

長く付き合えているから相性が良いのか。

それもNOです。

むしろ、恋愛期間が短かった元パートナーの方が、実はあなたとの最良の相性だったかもしれない。

こういったことを知らずにいるのは、非常に勿体無いと思いませんか。

相性を最優先するのは危険?

好きだという異性との相性が、必ずしも満点だとは限らない。
だから、好意を寄せてくれる異性との相性占いをしてみて、そこまで相性の高さがなかった。
結果として、その異性を遠ざけるようなことをするというのは、どうなのでしょうか。

これは大きな間違いです。

あまりに相性のみを優先にしてしまうのは、非常に危険。
前述にもある通り、恋愛期間が短かった過去のパートナーの方が、一番長く続いたパートナーよりも相性が良い場合が普通にあります。

人間同士の関係というのは、恋愛関係でも友人関係でも、相性だけで長続きするか否かは判断できないのです。
それは相性の他にも、関係を継続させる要素としては、お互いの価値観の一致や身体の相性。
感覚の共有といった一緒にいてどれだけ心地よく感じるかどうかも、大きな判断指針になるからなのです。

あまりに人間関係の構築や継続の判断を相性のみに頼るのは、やめておきましょう。

前述までにある通り、恋愛のみならず、人間関係を構築する一つの要因として相性が重要なことには、変わりありません。
しかしながら、それをあまりにも重要視する危険性もあるということも、忘れずに覚えておきましょう。