血液型を使った王道の相性占い

相性占いといえば、専門の占い師などに相談するのも良いですが、どちらかといえば、告白などのアプローチに導くために、自分を奮い立たせるためだったり、片思いの辛い心の状態を和らげるために行ったりすることが多く、個人的に行って、安心感や幸福感を感じるために行うことが多いです。

ですから、占いというよりも、願掛けやおまじない的なニュアンスが強くなるわけですが、ここでは、個人で行える相性診断と、そのやり方を紹介していきましょう。

相性占いの王道は血液型占い

占いの的中率は、情報が細ければ細かいほどに、上がると言われています。
しかしながら、細ければ細かいほどに、専門知識が必要になり、素人が手を出すのは、難しいと言われています。

そこで昔から言われているのが、血液型を使った相性占いです。
これは日本特有といってもいい占いです。
なぜならば、日本人は、割合の違いはあるものの、全ての血液型がある程度に存在しているから。

とある外国などでは、国民の8割がO型なんて場所もありますから、こういった国では成り立たないわけです。

血液型を使った相性診断の方法

ご存知の方もいらっしゃいますが、ざっくりとしたものだと、A型は、几帳面で神経質。用心深く、冒険はしないタイプ。
相性的には、AB型の人間とウマが合う。

B型は自由至上主義者。
このためルールから逸脱しなかったり、協調性などを大事にするA型とは相性が悪い。
また、常識などにはとらわれない突飛な発想ができることも特徴であるため、それを理解できるAB型との相性が良いとされています。

O型は細かいことは気にしない、マイペースでざっくばらんな特徴の持ち主と思われがちですが、それは建前上の姿。
本来は、繊細な心の持ち主とい言われており、こういった細かなところを気がついてくれるA型と最も相性が良い。

最後にAB型ですが、感受性が強く、何か好きなことを見つけるととことんのめり込む、凝り性の一面があります。
前述までで分かる通り、相性は4タイプの中で、最も多いと言われていますが、一番良いのは、同じO型と言われています。

これはざっくりとした相性診断でしかありませんが、自分で行い、心を落ち着かせたり、勇気を奮い立たせるには十分ではないでしょうか。

突き詰めれば、より細かな診断も行えますから、興味がある方は勉強してみると良いでしょう。